血流改善やリハビリが大事です|脊柱管狭窄症の症状を緩める

微笑む女性

大腸にできるがん

メンズ

大腸がんには結腸がんと直腸がんの2つがあり、自覚症状が出た時はかなり進行しています。主な症状として下痢や便秘、腹部膨満感や血便などがあります。検査にはCTやMRIなど複数の方法があり、治療は他のがん同様、手術や抗がん剤、放射線といった方法があります。また肝臓や肺、脳に転移しやすいので注意が必要です。

もっと読む

毎日の生活の中でケアする

サージカルマスク

後屈に困難が生じたら

脊柱管狭窄症は加齢など様々な原因で起こります。主に脊柱管の周辺で起きた炎症により、骨、関節、椎間板や靱帯などが肥厚し脊柱管を通る神経が圧迫され、血行が悪くなることにより様々な症状を引き起こす病気です。腰に原因があるのに足に様々な症状が出ます。脊柱管狭窄症では後屈(後ろに反る)で症状が出る方が多く、症状がひどい状態では歩行が困難になることもしばしば起こります。脊柱管狭窄症では圧迫される神経の部位によって痛む場所をはじめ、症状が異なります。両下肢の痺れや疼痛など主に足に痛みを感じるタイプ、また臀部から足にかけて痛みが生じるタイプと、その両方が痛むタイプなどがあります。脊柱管狭窄症は放っておいて治る病気ではなくリハビリなどケアが必要になります。

運動と適度なリラックスを

座っても横になっても足のしびれや痛みが治まらないようなら、脊柱管狭窄症が進んでいるかもしれません。放っておいても治らないので受診して診断を受けることが大切です。レントゲンの写真だけでは脊柱管狭窄症があるか診断できません。CTや MRI検査が必要です。手術を勧められることもありますが、半数以上の患者さんは保存療法で症状の改善が見込めます。脊柱管狭窄症の症状は神経周辺の血流障害によって起こるため、周辺の血流改善には投薬も可能です。また、運動療法としてはリハビリの役割が重要です。日々の生活の中で行動を改善したり、自宅でできるリハビリもあります。運動とは別に神経を休めて血流を改善し、狭窄部分を緩めることも必要です。正しいリハビリを受けることで症状の改善を見込めます。

病気を知り予防する

看護師

肺がんはがんのなかでもっとも死亡率の高い病気ですが、早期に発見できれば80%の肺がんは治療できます。肺がんに対する予防としては、受動喫煙・排気ガス・PM2.5などを避けることが効果的です。また、この病気になってしまったとしても、患者にはサイバーナイフや免疫療法などの最先端の治療法が用意されています。

もっと読む

緩和ケアの必要性

看護師

癌性腹膜炎は他の癌の末期症状として現れることが多く、治療に際しては無理に癌を治さずに痛みを抑えて患者が生活しやすくなる緩和ケアを積極的に使う工夫が大切です。消化器系の癌が進行して癌細胞が腹部に散らばり、その結果腹膜にも転移して癌性腹膜炎が発症します。

もっと読む