大腸にできるがん|血流改善やリハビリが大事です|脊柱管狭窄症の症状を緩める

血流改善やリハビリが大事です|脊柱管狭窄症の症状を緩める

医療器具

大腸にできるがん

メンズ

どんな病気なのでしょうか

大腸がんはその名の通り、大腸にできるがんのことです。大きく分けて、結腸がんと直腸がんに分かれます。大腸がんは自覚症状が出にくいため、何らかの形で自覚症状が出た時には、既にかなり進行しているということもしばしばです。そのため、定期的に検診を受けるようにすることが、早期発見につながるといえます。自覚症状としては、下痢と便秘の繰り返し、腹痛、血便、残便感や下腹部の膨満感などがあります。またオナラが多くなり、しかも臭いがかなりひどくなります。このような症状が頻繁に起こる時は、まず消化器科を受診してみましょう。また大腸がんの中でも、肛門に近い部分にできる直腸がんの方が、血便が出やすく、そのためがんに気づくことがあります。ただし血便は、痔と間違いやすいこともあります。

様々な検査方法と治療方法

大腸がんの検査方法は、直腸診やCT、MRI、内視鏡や超音波といった方法があります。血液検査が行われることもあります。他には胃の造影検査に似た、注腸造影検査というものもあります。またPET−CTという方法もあり、この方法は、大腸がんの存在を立体的に知ることができるので、早期発見には大いに役立ちます。治療方法には、他のがん同様、手術や抗がん剤、放射線療法があります。このうち放射線治療は、直腸がんの手術前に、患部を小さくし、直腸を温存するために用いられることもあります。手術の場合、がんの発生部位によっては、手術後頻尿となることもありますので、医師から説明をきちんと受けるようにしましょう。手術後は経過観察が行われます。特に肝臓や肺、脳に転移しやすいので要注意です。