緩和ケアの必要性|血流改善やリハビリが大事です|脊柱管狭窄症の症状を緩める

血流改善やリハビリが大事です|脊柱管狭窄症の症状を緩める

医療器具

緩和ケアの必要性

看護師

末期症状として起こる癌

癌は命に関わる疾患として最もよく知られているものですが、その中でも癌性腹膜炎は末期症状として起こるという点で特徴的です。癌が末期まで進むと治療が困難になりますが、近年では無理に癌細胞を取り除くことなく患者の生活の質を高めていく緩和ケアの考え方が注目されています。癌性腹膜炎に対しての緩和ケアでは、多量の抗癌剤の投与による吐き気や禿髪などの重い副作用を避けるために薬剤の量を減らしたり、投与を中断することもあります。その代わりに患者の痛みが和らぐような鎮痛剤を定期的に投与していき、退院して患者が望むような生活を送ることが推奨されています。このような緩和ケアの知識を覚えておくことで、癌性腹膜炎になっても一日一日を充実させて生活できるような治療を医師に相談する工夫が可能になります。

消化器系の癌との関連

癌性腹膜炎は癌の末期症状として起こるのがほとんどですが、この仕組みには増殖した癌細胞の活性化が大きく関係しています。全身にできる癌の中でも、特に消化器系の癌は全体の半分以上を占める非常に患者数の多いもので、このタイプの疾患が進行すると癌細胞が急速に増えて活性化し、腹部にその細胞が散らばっていきます。これにより腹膜と呼ばれる部分に癌細胞が侵入すると癌性腹膜炎が引き起こされますが、癌細胞が腹部で散らばる現象は細胞の量が多くならないと起こらないため、他の癌の末期症状として癌性腹膜炎は起こります。以上のように、癌性腹膜炎は主に消化器系の癌が進行して腹部に悪性腫瘍から出た癌細胞が散らばることで起こるという知識を覚えておきましょう。