病気を知り予防する|血流改善やリハビリが大事です|脊柱管狭窄症の症状を緩める

血流改善やリハビリが大事です|脊柱管狭窄症の症状を緩める

医療器具

病気を知り予防する

看護師

肺がんは、肺の器官、気管支、肺胞の細胞が汚染物質の影響を受けてがん化したことによって生じる病気です。進行するにつれて、がん化した細胞が周辺組織を破壊しながら、血液やリンパ液を媒介して肺から全身に広がっていきます。肺がんは再発や転移を起こしやすい病気で、がんのなかで占める割合は男性では一位、女性では二位になっています。現在、日本では肺がんで苦しむ患者は年々増加しており、毎年7万人以上がこの病気で死亡しています。肺がんの原因としては、タバコ、排気ガス、PM2.5などに含まれる汚染物質の吸引が指摘されています。とりわけタバコに含まれる化学物質は危険で、喫煙による肺がんの発症リスクは非喫煙者と比較すると、男性では4倍から5倍、女性では3倍程度と見積もられています。

肺がんの予防としては、濃度の高い排気ガスを吸う可能性の高い幹線道路沿いの道を避けて歩くことや受動喫煙を避けることなどが挙げられます。また喫煙者でも、今すぐ禁煙すれば5年後には肺がんのリスクは大幅に低下し、10年から20年もすれば非喫煙者と同じくらいまでリスクを減らすことできます。肺がんになってしまった場合でも、最近注目を集めているサイバーナイフや免疫療法など、人体に負担の少ない最先端の治療法が用意されており、患者にとって以前よりも好ましい状況になっています。しかしながら、無症状のうちに早期発見できた場合、80%の肺がんは治るため、予防は治療に勝るということを意識し、定期的に肺がん検診を受けることが推奨されています。